小字北村商店
私たちの理念は、「自然に対する人為的な関与をできるだけ少なくし、自然界がもつ力を最大限に発揮させることで、人類がより豊かな生活水準を達成することへ貢献すること」です。
自然に対する関与を少なくする、その方法が肥料や農薬を使用しない方法で農作物を生産することです。この方法にこそ、大自然の恩恵を余すことなく享受するヒントがあると私たちは考えています。
その具体的な方法として「自然農法」を選択しています。今は、自然界から生まれる力がさらに現状を向上させる正のスパイラルを生み、生産物は年々増加し、その恩恵に日々感謝しています。
記事カテゴリー
これまでのブログ記事をカテゴリー化しています。

おすすめ
私たちがおすすめするものを以下に示しています。整理や考え方など、農山村で生きていくのに必要であると思われる内容が書かれているものを紹介しています。
地域固有性の発現による農業・農村の創造
地域固有性の発現による農業・農村の創造
中塚雅也

農の6次産業化と地域振興
農の6次産業化と地域振興


Recent entries



地域マーケティング

ーーーはじめにーーー
地域マーケティングという語句が頻繁に使用されている。地域マーケティングとは、そもそもどのような概念か。どのくらいの時期から議論されているのか。

 

ーーー課題ーーー
地域マーケティングとは何か。

 

ーーー資料ーーー
佐々木茂・石川和男・石原慎士編著(2014)「地域マーケティングの核心ー地域ブランドの構築と支持される地域づくりー」,同友館.


ーーー結果ーーー
1970年代から地域マーケティングの考え方は登場しており、マーケティング概念を拡大解釈することで生まれてきた。

Kotlerがマーケティングとは、「何らかの客体に対して、標的とする人々から、好ましい反応を獲得するための活動」である。

 

 

またその議論の中で、地域マーケティングとは「ある特定の地域に対して、標的とする人々から、好ましい反応を獲得するための活動」あるいは、「標的とする人々の特定の地域に対する態度や行動を、創造・維持・変更しようとする活動」としている。

 

よって、地域マーケティングでは、誰から反応を獲得するかが重要な問題である。
何らかの目的のために地域を選択する人々や組織に対し、他の地域ではなく、自身の地域を選択してもらうための活動といえる。

 

 

地域マーケティングにおけるターゲットとは、ビジター、企業、住民、輸出(移出)市場の4つである。
ビジター、企業、住民は、市場サイドの地域から地域に移動を引き起こす意味で「集客型地域マーケティング」、輸出市場は地域から市場サイドの地域に商品の移動を生じさせる「移出型地域マーケティング」といえる。

 

 

ターゲットに設定した顧客に自身の地域を選択してもらうためには、ターゲットのニーズを満たすマーケティングミックスを展開していく必要があるだろう。

| その他 | 23:55 | comments(0) | - |
日本におけるジビエ利用の広がり

ーーーはじめにーーー
近年、農山村地域では鹿やいのししによる獣害が農業に多大な被害を及ぼしている。これまで農作物被害を減少させるため、電気柵設置などが対処療法として取り組まれてきた。しかし、獣類被害を防止したとしても、獣類頭数は増加を継続し、根本的な解決には至らない。そこで、こうした被害をもたらす鳥獣類を何らかの形で活用しようという取り組みが全国的に拡大している。

 

 

ーーー課題ーーー
日本におけるジビエ利用の広がり

 

 

ーーー資料ーーー
農林水産省(2015)「全国の野生鳥獣による農作物被害状況(平成27年度)」(http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/attach/pdf/170314-1.pdf)[2018/3/11参照].
農林水産省(2018)「ジビエ利用モデル17地区」(http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/attach/pdf/180309-1.pdf)[2018/3/11参照].

 

ーーー結果ーーー
日本における野生鳥獣による被害としては、大きく鳥類と獣類に分けられる。


鳥類では、主にカラスを中心に被害面積は114,000ha、被害量としては231,000t、被害金額は3,512百万円である。
獣類による被害ではシカ害が最も多く、8割を占める。

 

イノシシ害は約15%であり、シカとイノシシによる害が獣類による被害の大半である。獣類による被害面積は695,000ha、被害量は496,5000t、被害金額は17,649百万円であり、被害金額でみると獣類による被害は鳥類の約5倍である。

 

鳥獣による農作物被害としては獣類、とくにシカとイノシシによる被害が約60%となり、中心的な被害を及ぼす動物となる。

これまでこうしたシカやイノシシによる農作物被害に対しては金属柵や電気柵などで圃場周りを囲む方式が中心であったが、こうした獣類は自然増加を続けるため、根本的な対策となっていない。

 

そこで近年、こうした獣類を地域の特産品として活用していこうという動きが活発となっており、その活用方法としてジビエが有効な方策とされている。

 

 

ジビエの利用拡大においては、シカやイノシシの一定規模の処理頭数を確保し、食品衛生管理を徹底しつつ、捕獲・処理・販売までがビジネスとして持続できることが重要である。

ということで、この度農林水産省より日本における先行モデルとして全国17地区において、ジビエ利用モデル地区が選定された。

 

1、北海道空知地区
2、長野県長野市
3、石川県南加賀地区
4、岐阜県西濃ブランチ
5、三重県(伊賀市・いなべ市)
6、京都府・大阪府 京丹波・大阪北摂地区
7、京都府中丹地区
8、兵庫県県内広域
9、和歌山県紀北地区
10、和歌山県古座川町
11、岡山県美作地区
12、鳥取県東部地区
13、徳島県県内広域
14、熊本県県内全域
15、大分県県内全域
16、宮崎県延岡地区
17、鹿児島県阿久根地区

 

 

---所感---
・三重県伊賀市におけるジビエ利用の取り組みを調査する

| その他 | 21:57 | comments(0) | - |
世界農業遺産に新たに認定された地域

ーーーはじめにーーー
近年、地域固有の農業の重要性が認識されつつあり、それらを認定する機関も生まれている。その一つが、世界農業遺産である。世界農業遺産とは、国連食糧農業機関(FAO)が、世界的に重要かつ伝統的な農林水産業を営む地域を認定する制度である。現在、世界で19カ国49地域、日本では11地域が認定されている。欧州が1カ国2地域、アフリカ6カ国7地域、中東2カ国2地域、中南米3カ国3地域、アジア7カ国35地域が認定されている。現在の認定数のほぼ3分の1が日本が先行する認定制度であるともいえる。

 

ーーー課題ーーー
新規認定された世界農業遺産(静岡県わさび栽培地域、徳島件にし阿波地域)

 

ーーー資料ーーー
農林水産省(2018)「世界農業遺産とは」(hhttp://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kantai/attach/pdf/180309-1.pdf)[2018年3月10日参照]
農林水産省(2018)「認定された地域の概要」(http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kantai/attach/pdf/180309-2.pdf)[2018年3月10日参照]

 

ーーー結果ーーー
FAOによって世界農業遺産に認定される際には以下の5つの基準に基づき、農林水産業システムの評価が行われる。
1、食料及び生計の保障
地域コミュニティの食料及び生計の保障に貢献している
2、農業生物多様性
食料及び農業にとって、世界的に重要な生物多様性をもつ、及び遺伝資源が豊富である。
3、地域の伝統的な地域システム
地域の伝統的な知識システムが、「地域の貴重で伝統的な知識及び慣習」、「独創的な適応技術」及び「生物相、土地、水等の農林水産業を支える天然資源の管理システム」を維持している
4、ランドスケープ及びシースケープの特徴
長年にわたる人間と自然との相互作用によって発達してきたランドスケープやシースケープを持つこと
5、システムの持続性のための保全計画
申請地域は、農林水産業システムを動的に保全するための保全計画を作成すること。

以上の5点によって評価される。


□静岡県わさび栽培地域
農林水産業システム名:静岡水わさびの伝統栽培
地域名:静岡県わさび地域(静岡市、伊豆市、下田市など)
団体名:静岡わさび農業遺産推進協議会

・豊富な湧き水を使用した伝統的な栽培方式をもち、肥料を極力使わず、湧き水に含まれる養分で高品質なわさびを栽培する。
・栽培方式は、根茎肥大に適しており、病害の発生が少なく、連作障害が発生しにくい
・水の流れのゆるやかなわさび田には、多様な生物が生息している
・わさび加工品は古くから農家の副収入源であり、加工関連産業は地域住民の就労の場である
・地域にはわさびを使用した食文化が継承されている。


□徳島県にし阿波地域
農林水産業システム名:にし阿波の傾斜地農耕システム
地域名:徳島県にし阿波地域
団体名:徳島県剣山世界農業遺産推進協議会

・斜度40度の急峻な山間部で、傾斜地に合わせて、圃場・採草地・居住地を配置する独自の土地利用
・急傾斜地ながら、カヤ(ススキなど)をすき込むことで土壌流出を防止し、また独自の農具による耕作技術を用いて、段々畑にせず、急傾斜の農地で営農している。
・雑穀や野菜などの地域固有種が栽培
・採草地には希少な動植物が生息している
・急傾斜地、採草地、古民家などによる独自の山村景観をもつ

 

 

 

ーーー所感ーーー
・どちらの事例も日本農業遺産に2017年に認定されており、それとの関係はどうであるか。
・どの時点で推進協議会が設立されたのか。

| その他 | 12:48 | comments(0) | - |
<< | 2/5PAGES | >>