小字北村商店
私たちの理念は、「自然に対する人為的な関与をできるだけ少なくし、自然界がもつ力を最大限に発揮させることで、人類がより豊かな生活水準を達成することへ貢献すること」です。
自然に対する関与を少なくする、その方法が肥料や農薬を使用しない方法で農作物を生産することです。この方法にこそ、大自然の恩恵を余すことなく享受するヒントがあると私たちは考えています。
その具体的な方法として「自然農法」を選択しています。今は、自然界から生まれる力がさらに現状を向上させる正のスパイラルを生み、生産物は年々増加し、その恩恵に日々感謝しています。
記事カテゴリー
これまでのブログ記事をカテゴリー化しています。

おすすめ
私たちがおすすめするものを以下に示しています。整理や考え方など、農山村で生きていくのに必要であると思われる内容が書かれているものを紹介しています。
地域固有性の発現による農業・農村の創造
地域固有性の発現による農業・農村の創造
中塚雅也

農の6次産業化と地域振興
農の6次産業化と地域振興


<< 農家住宅 第二稿 | main | 鳥獣捕獲 第三稿 >>
Recent entries



基本法 初稿


ーーーーーはじめにーーーーー
農業は、他産業と比較すると生産性が低い。

 

そのため、高度成長期に2次・3次産業が発展するにつれて、
他産業との農業者の生活水準の格差が拡大した。

 

農業の自然的経済的社会的制約による不利を補正し、農業の近代化と合理化を図ることによって、
農業従事者が他国民と均衡する生活を営むことができるようにするため、
1961年、農業の憲法ともいえる農業基本法が制定され、
農業に関する政策目標が示された。

 

その後、農業基本法の制定から数十年が経過し、
農業・農村における環境が変化する中、
農業従事者の他産業従事者との格差是正が主な目的として掲げられた農業基本法は、
時代に合わせて修正される必要性が生じた。

 

そのため1999年、食料・農業・農村基本法が制定され、
農業だけでなく食料や農村にも深く言及する施策について、
新たな理念と重要事項が定められた。

 

本稿では、農業基本法における重点項目を確認する。

 


ーーーーー課題ーーーーー
農業基本法における重点項目を確認する

 


ーーーーー結果ーーーーー
農業基本法は前文とさらに6章の構成となっている。

 

□農業基本法□
(前文)
第1章 総則
第2章 農業生産
第3章 農産物等の価格及び流通
第4章 農業構造の改善等
第5章 農業行政機関及び農業団体
第6章 農政審議会

 

(前文)
わが国の農業は、長い歴史の試練を受けながら、国民食糧その他の農産物の供給、資源の有効利用、国土の保全、国内市場の拡大等国民経済の発展と国民生活の安定に寄与してきた。また、農業従事者は、このような農業のにない手として、幾多の困苦に堪えつつ、その務めを果たし、国家社会及び地域社会の重要な形成者として国民の勤勉な能力と創造的精神の源泉たる使命を全うしてきた。
われらは、このような農業及び農業従事者の使命が今後においても変わることなく、民主的で文化的な国家の建設にとつてきわめて重要な意義を持ち続けると確信する。
しかるに、近時、経済の著しい発展に伴なつて農業と他産業との間において生産性及び従事者の生活水準の格差が拡大しつつある。他方、農産物の消費構造にも変化が生じ、また、他産業への労働力の移動の減少がみられる。
このような事態に対処して、農業の自然的経済的社会的制約による不利を補正し、農業従事者の自由な意思と創意工夫を尊重しつつ、農業の近代化と合理化を図つて、農業従事者が他の国民各層と均衡する健康で文化的な生活を営むことができるようにすることは、農業及び農業従事者の使命にこたえるゆえんのものであるとともに、公共の福祉を念願するわれら国民の責務に属するものである。
ここに、農業の向かうべき新たなみちを明らかにし、農業に関する政策の目標を示すため、この法律を制定する。

 

第1条

国の農業の政策目標は、他産業との生産性の格差是正、他産業従事者との均衡する生活を営むため、農業の発展と農業従事者の地位向上を図ることにある。

 

第2条
一 需要が増加する農産物の生産増進、需要が減少する農産物の生産転換、外国農産物との競争関係にある農産物の生産合理化
二 土地と水の有効利用と開発、農業技術向上による生産性向上と総生産増大
三 経営の規模拡大、農地集団化、家畜導入、機械化、農地保有の合理化、農業経営の近代化
四 流通の合理化、加工の増進、需要の増進
五 生産条件、交易条件の不利を補正するため、生産物価格安定と農業所得確保
六 農業資材の生産と流通の合理化、価格の安定化
七 近代的経営者の養成と確保、農業従事者と家族の就業機会確保
八 農村の交通、衛生、文化などの環境整備、生活改善、婦人労働の合理化等により農業従事者の福祉向上

 

第3条 地方公共団体は、国の施策に準じて施策を講ずる

 

第4条 政府は第2条の施策を実施するため、法制上財政上の措置と資金融通の円滑化を図る

 

第5条 国と地方公共団体は、農業従事者及び農業団体の自主努力を助長する

 

 

 

ーーーーー参考資料ーーーーー
『農業基本法』


ーーーーー編著者ーーーーー
2018年3月30日 初稿発行
著者 國吉賢吾

| 政策 | 00:52 | comments(0) | - |
コメント
コメントする