小字北村商店
私たちの理念は、「自然に対する人為的な関与をできるだけ少なくし、自然界がもつ力を最大限に発揮させることで、人類がより豊かな生活水準を達成することへ貢献すること」です。
自然に対する関与を少なくする、その方法が肥料や農薬を使用しない方法で農作物を生産することです。この方法にこそ、大自然の恩恵を余すことなく享受するヒントがあると私たちは考えています。
その具体的な方法として「自然農法」を選択しています。今は、自然界から生まれる力がさらに現状を向上させる正のスパイラルを生み、生産物は年々増加し、その恩恵に日々感謝しています。
記事カテゴリー
これまでのブログ記事をカテゴリー化しています。

おすすめ
私たちがおすすめするものを以下に示しています。整理や考え方など、農山村で生きていくのに必要であると思われる内容が書かれているものを紹介しています。
地域固有性の発現による農業・農村の創造
地域固有性の発現による農業・農村の創造
中塚雅也

農の6次産業化と地域振興
農の6次産業化と地域振興


<< 食料・農業・農村基本計画 初版 | main | 日本型直接支払 >>
Recent entries



クラウドファンディング(出資型)


□クラウドファンディング(出資型)□


ーーーーーはじめにーーーーー
農業を開始する際には、資金が必要である。

 

しかし、新規就農者などの実績をもたない者には、
各種金融機関の態度は厳しく、融資を受けるにはハードルが高い。

 

近年、クラウドファンディングという、たくさんの一般個人から小口で資金を調達し、
事業を実施できる方法が拡大している。

 

クラウドファンティングとは、どのようなものであるのか、
それは農業においても活用可能なものであるのか、を検討する。


ーーーーー課題ーーーーー
クラウドファンディング(出資型)について明らかにする。


ーーーーー結果ーーーーー
クラウドファンティングとは、群衆からの資金調達の語を用いた造語であり、
明確な定義がされているわけではない(坂下他、2014)。

 

クラウドファンディングは、
資金調達したい個人や企業と、資金を運用したい不特定多数の個人とを、
運営会社がインターネット上のプラットフォームでマッチングさせるサービスであり、
資金調達者が必要な金額を申し出て、資金調達者が資金使途やリスクを勘案して提供に値すると考えれば実行される(内田、2017)。

 

クラウドファンディングは、資金の性質によって、
貸出、出資、購入、寄付に細分化できる。
貸出はソーシャルレンディングとして、運営されている。

 

矢野経済研究所によると、
2015年度には363億円と日本市場規模は拡大しており、
寄付型0.4%、購入型9.0%、出資型1.9%、貸出型88.7%となっている。

 

 

ここでは、坂下他(2014)での、出資型を実施するミュージックセキュリティーズについてまとめる。

 

ミュージックセキュリティーズは、マイクロ投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営している。

 

個人が小口の資金から事業に投資できる仕組みであり、
投資を受ける企業は事業単位で資金調達ができる。

 

このプラットフォームは法的には、匿名組合契約によって成立している。

 

匿名組合契約とは、当事者の一方が相手方の営業のために出資をなし、
相手方はその営業より生ずる利益を分配することを約する商法上の契約である(商法535条)。

 

この契約では、営業者と匿名組合員の間の2当事者間の契約であり、組合員相互間には法律関係はない。

営業財産は、匿名組合員の出資分を含めて、営業者の財産となり、

 

匿名組合員は、営業ないし営業財産に持分を持たず、
営業者に対する契約上の債権のみを有する(商法536条1項)。

 

契約上の債権とは、営業者から利益分配を受ける利益配分請求権と営業監視権である。

匿名組合は、あくまで出資であり、消費貸借とは異なるため、
匿名組合員は確定した金額を受ける権利を持たない。

 

マイクロ投資の基本構造は、匿名組合契約を利用して、
事業者がウェブを通じて比較的小口で組合員を募集し、
集まった資金をもとに事業を行い、
契約に基づきその売り上げの一部を組合員に分配する。

 

匿名組合は、事業者が自身で行いうるが、
匿名組合契約で収益分配を受ける権利は金融商品取引法では「みなし有価証券」とされ、
その売買・媒介などを行うには、第二種金融商品取引業として登録を受けなければならない。

 

これら契約の募集を行う仕組みや法律上のハードルを一般事業者が乗り越えることは難しいため、
第二種金融商品取引業の登録を受け、ウェブでのファンド募集をプラットフォームで提供する
ミュージクセキュリティーズが、事業者から事業委託を受けて、匿名組合員の募集、
契約締結などの事務を行うことによって、
中小企業でもクラウドファンディングによる資金調達が可能となる。

 

 

20180321マイクロ投資プラットフォームの仕組み.gif

図1.マイクロ投資プラットフォームの仕組み
資料)坂下他(2014)を参考にして筆者作成.


ーーーーー参考資料ーーーーー

内田聡(2017)『明日をつくる地域金融 イノベーションを支えるエコシステム』昭和堂.
坂下晃・成澤寛・海宝賢一郎(2014)「クラウドファンディングによる資金調達の事例研究(ミュージックセキュリティーず、岡山県・西粟倉村、maneo、SBIソーシャルレンディング、AQUSH)」

 

ーーーーー編著者ーーーーー
2018年3月21日 初版発行
著者 國吉賢吾

| その他 | 08:25 | comments(0) | - |
コメント
コメントする