小字北村商店
私たちの理念は、「自然に対する人為的な関与をできるだけ少なくし、自然界がもつ力を最大限に発揮させることで、人類がより豊かな生活水準を達成することへ貢献すること」です。
自然に対する関与を少なくする、その方法が肥料や農薬を使用しない方法で農作物を生産することです。この方法にこそ、大自然の恩恵を余すことなく享受するヒントがあると私たちは考えています。
その具体的な方法として「自然農法」を選択しています。今は、自然界から生まれる力がさらに現状を向上させる正のスパイラルを生み、生産物は年々増加し、その恩恵に日々感謝しています。
記事カテゴリー
これまでのブログ記事をカテゴリー化しています。

おすすめ
私たちがおすすめするものを以下に示しています。整理や考え方など、農山村で生きていくのに必要であると思われる内容が書かれているものを紹介しています。
地域固有性の発現による農業・農村の創造
地域固有性の発現による農業・農村の創造
中塚雅也

農の6次産業化と地域振興
農の6次産業化と地域振興


Recent entries



本田式稲作法 初版

ーーーはじめにーーー
近年の稲作においては、経営を大規模化し、コストを削減する方法が中心となっている(規模の経済)。

 

慣行農業では、化学肥料や農薬を適切に使用し、効率よく生産しており、
2017年度の水稲10a平均収量は、全国平均で532kgであった(農林水産省、2017)。
奈良県、熊本県ではともに513kgであり、全国平均より少し下回っている。

 

慣行農業においては、この10aにおける平均収量をより大面積で効率よく生産する手法であると言える。
有機農業では、10a平均収量は443kgであり、慣行農業と比較して20%減少している(農林水産省、2007)。

 

熊本県で農業を営む本田謙二氏の水田における、近年の収穫量は10aあたり780kgであり、慣行農業の収量を大きく上回る。

本田氏は有機質資材は使用するが、近年はたい肥などの投入もやめており、ほぼ無投入で稲作を実施している。

 

本田氏の稲作とはいかなるものであるか、本田謙二氏本人による勉強会での本田氏の言動をもとに考察する。

 

29214239_948287188679086_1469617184534691840_o.jpg

図1. 奈良県橿原市での稲作勉強会(2018/3/14)

 

ーーーーー課題ーーーーー
本田式稲作法(乾田苗代一本植・反収13俵)を明らかにする。

 


ーーーーーデーターーーーー
奈良県橿原市にて、2018/3/14に実施された本田謙二氏本人による稲作勉強会での本田氏の言動を基にする。
ちなみに本田氏は現代農業(農山漁村文化協会発行)に複数回、取り上げられている。

 

◆本田氏が取り上げられた現代農業◆
本田謙二(2015)「小さいことはいいことだ」,現代農業(5),p.368-369.
本田謙二(2013)「超疎植で「旭一号」豊作」,現代農業(1),p.372-373.
本田謙二(2013)「昔人間の超疎植イネ、今年こそは一tどり!?」,現代農業(10),p.381.
本田謙二(2012)「野性味あふれるイネ「旭一号」で超多収をねらう」,現代農業(2),p.189-190.

 

熊本県玉名市で、借地30aで水稲を単独実施、85歳。
15歳から、熊本県の松田喜一氏の松田農園に1年(平坦地向)、
富山県の宮川庄太郎氏(S26)の農園で半年研修(寒冷地向、温床苗一本植)。

 


ーーーーー結果ーーーーー

 

20180316本田暦.jpg

図2. 本田式稲作法栽培暦

資料)聞き取り調査により筆者作成.

 

◆前年12月◆
 採種用種籾を播種。

 

◆3月中旬◆
 泥水選(適当に泥を使用して、約20%除去)。
 稲穂先3分の1の種籾を採種。
 種籾を浸種。

 

◆4月初旬〜中旬◆
 播種。薄播。立派な苗をつくること。
 140cm(4尺5寸)幅、240cm(8尺)長の苗床畝1坪に選別後種籾を3合播種(1尺5寸角植の場合)。
 140cm(4尺5寸)幅、480cm(16尺)長の苗床畝2坪に選別後種籾を6合播種(尺角植の場合)。
 できれば、安全の為に余分に播種しておく法がよい。
 播種後、土嚢袋3袋/10aの山赤土で覆土し、コンパネを敷いて強めに鎮圧。
 折衷苗代、乾田苗代。播種時は乾田状態(10日ほど前に畝作成し、二度ほど畝土を破砕)。
 畑苗根(分蘖が良いことが乾田育苗を選択する理由)をつくる。
 品種は旭一号(穂重型)。選定理由は、味覚良と晩生であること。
 週に一度くらい、溝に水を入れる(成長に合わせて検討)。

 

◆4月下旬〜5月上旬◆
 荒起し。耕耘。
 トラクターで浅めに耕耘(深さ15cm以内、ゆっくりと高回転で)。
 春草を刈払機で刈り、なるべく有機物(スズメノテッポウなど)をすき込む。
 有機物が少ない場合は、レンゲなどの緑肥使用。レンゲも早生、晩生など地域によって選択。
 できるだけ、種ができてから耕耘。
 10日後を目安に代掻き実施。
 荒代、植代で二回実施(植代のみの場所もある)

 

◆5月末〜6月上旬◆
 田植。
 5葉、播種45~55日までを目処に植える。
 かたつけ器使用。
 坪16株(1尺5寸角)、手植一本植。(36株(尺角植)→30株→20株と地力が増すにつれて、疎植化)
 同地域での通常の田植は6月下旬〜7月上旬
 前日に苗取り、かたつけ。田植は朝5時〜12時で10a定植。
 代掻きは田植5日前に実施、土が固まり次第、かたつけ→田植を実施。
 浅水、浅植で実施。
 できるだけ、早く植えて有効分蘖期を長くとる。
 水は田植以降、収穫直前まで基本的には抜かない。

 

◆6月中旬〜7月下旬◆
 手取り除草、除草機による除草(除草機で根を切ることを推奨)。
 ジャンボタニシによる自然除草。
 有効分蘖期まで除草、以降は田に侵入せず。
 旭一号は7月30日で有効分蘖期終了(熊本県玉名市)、7月20日までに除草を終える。
 高冷地では、1週間〜10日ほど有効分蘖期終了期が早まる。
 動力除草機導入を推奨。中耕して稲の根を切る。

 

◆10月◆
 稲刈。手刈。ハサ掛け。
 ハーベスターで脱穀し、稲わらは水田にばら撒く(春に、そのまま耕耘)。
 780kg/10a収穫(分蘖数は多いもので100を超える)。
 稲わら、籾がら(堆肥化)、野草(畦畔草など)を水田に投入(青草は投入しない)。

 

◆◆コメント◆◆
・苗と土づくりが特に重要。
・土作りを継続すれば反収10俵は誰でも実現可能。

 

29177562_2485535778337206_1816814386463899648_n.jpg

図3. 本田氏による栽培稲


ーーーーー参考資料ーーーーー
農林水産省(2017)「平成29年産水稲の全国及び都道府県別10a当たり平年収量」(http://www.maff.go.jp/j/press/tokei/seiryu/attach/pdf/170316-1.pdf)[2018/3/16参照].
農林水産省(2007)「有機農業の現状と課題」(http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/seisan/pdf/06_ref_data.pdf)[2018/3/16参照].

 


ーーーーー編著者ーーーーー
2018年3月16日 初版発行
著者 國吉賢吾

| 農業技術 | 00:07 | comments(0) | - |
農業事故と安全管理


---------課題----------
農民の農作業事故実態調査

 

---------データ----------
三廻部真己(1985)「労災保険適用の農業機械事故の実態について」『農作業研究』53,19-27.
農林水産省(2018)「平成 28 年に発生した農作業死亡事故の概要」(http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/sizai/180213.html)[2018/3/6参照]

 

---------結論----------
1981年 農作業死亡事故件数389
2017年 農作業死亡事故件数312

 

1980年から2005年までの25年間で農業従事者数は1200万人から600万人程度まで半減していることと比較して、農作業死亡事故件数は約20%しか減少していない。

 

三廻部(1985)によると、高齢者に事故が集中していること、田畑における事故が過半を占めることが指摘されているが、そうした傾向は現在も大きくは変化していない。

 

しかし、農業経営においては事故は、労災倒産にもつながるものであり、決して油断のできるものではないであろう。

1981年の労災保険において農業に着目するとその収支率は260%。
つまり、保険料収入の2.6倍もの事故補償金が支払われていた。
他産業平均は78%である。

 

また事故発生率(年間災害者総数/年平均労働者数*1000)では
1981年では農業は47.8。
全産業平均は8.28であり、事故率が他産業で最も高い建設業でも20.26である。
農業の事故発生率は極めて高い。

 

 

その原因として三廻部(1985)は、
1、農業経営の安全に対する行政の劣弱
2、農作業現場の不安全環境
3、就農者の高齢化による操作ミス
4、農業教育における安全教育領域の欠如
5、農業機械の設計の安全性欠如
6、農業者の栽培管理上の不安全行動頻発
7、運転への不慣れさ
8、農作業の安全運転への消極性
9、農業者の安全対策への投資の少なさ
10、機械作業に適した作業着、保護具着用のなさ

などが挙げられている。

 

 

 

生産の中に安全が組み込まれていない。
安全は生産技術であり、安全なくして生産なし。
安全は作り出すものである。

 

 

---------所感----------

 

農業者は個人事業主が多く、自身が倒れると事業が立ち行かなくなることも多い。
安全には慎重になり、安全に対する教育、投資を避けず、
上記に指摘されているような内容を参考に安全に配慮してほしい。
また、可能なかぎり労災には加入し、農業に取り組むことをすすめたい。

| 農業技術 | 23:54 | comments(0) | - |
自作チェーン除草機1

チェーン除草機を自作した.

 

 

これまでもチェーン除草機を使用していたが,
知人から借りて使用していたため,
微調整や材質にまで手を加えることができていなかった.

 

結局自作しないと,細かい部分までは改善できないということで作成することにした.

 


まず作成するためのベースとなる資料を調査.
結果,農業試験場において試験的に作成されたものを発見した.

 

結局水田における除草というのも,
かなしいかな機械除草機を導入すれば大方解決してしまうのだろうが,
(しかも約30万円の資本があれば容易に購入できる)
資金が乏しいこと及び作成が容易であることを理由にチェーン除草機を選択した.

 

 

参考資料におけるチェーン除草機は現場で実際に使用されているものから,
有望なものとして選定されたものから作成されている.

 

試験の結果として,最大で約70%減少させることに成功しているそうだ.
移植後3日目から5日間隔で合計5回の除草作業を実施.
除草所要時間は,約30分/10aである(記載されていないが,おそらく歩行時).

 

参考資料は以下に添付している資料である.
鳥取県「農業試験場で製作した「チェーン除草機」の特徴と除草効果」
(http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/707729/49-3-2.pdf)[2017/1/17参照]

 

 

資料内では「短軽」「長軽」「長重」の3種が紹介されている.

本資料を参考にスダレ式の短軽版を作成した.

 

これはできるだけ安価にすることと
「短軽」「長軽」では試験結果がほとんど変わらないことが理由である.

 

また資料では,アルミ製バーを使用したとのことであるが,
我々は作成するための作業用機械をほとんど持たないため,
アルミに穴を開けることは困難と判断し,塩ビパイプを代替品とした.

 


必要物)
塩ビパイプ 2m 約500円
スチールチェーン チェーン素子数7ケ*57個 約5000円
綿ひも 約2m50cm 約250円
測量用ひも 25cm*57個 約100円
合計約6000円である.

 

チェーン素子(チェーンの輪っか)
縦4cm*横2cm*太さ5.5mm

 

 

材料は自宅近くのホームセンターコメリにて購入.
チェーンは素子数各7ケに切断してもらい,57セットを購入した.

 

また塩ビパイプに穴を開ける必要があるが,
ドリルドライバを持っていないため,これもホームセンターDAIKIにて200円で借りた.
ドリルの先端部は太さ3.5mmのものを使用した.

 

 

作業工程)
1.塩ビパイプに3.5cm間隔で穴を開ける.
ドリルで穴を開けるにはパイプは滑るため,まず金槌と釘で小さな穴を開け,
その後ドリルドライバで穴を開けた.
2.測量用ひもを25cmずつ切り,それをパイプの穴に通す.
ひもは柔らかく,ひも単独で穴を通すのは困難なため,固めの針金を曲げ,
裁縫の要領で輪っかを作り,ひもを通した.その後,チェーンを取り付けた.
3.最後に綿ひもを結びつける.

すべての道具を準備し,試行錯誤しながら約4時間で完成した.

 

 

完成後,地面に接地させて引っ張ってみたが,参考資料にも記述されているように,
隣のチェーン間にほとんど隙間が生じないようになっている.

以前使用していたチェーン除草機では,チェーン間にどうしても隙間ができ,
それがどのような影響を及ぼしているかがわからなかった.

 

 

作成した感想として,
・塩ビパイプでよいのか.もっとよい材質があるのではないか.パイプが水に対して沈むかどうか.どの程度,沈む必要があるのか.除草時の水位はどの程度が適当だろうか.
・重量は適切か.除草機全体は10キロ程度ある.以前使用していたものよりも重い.水田では浮力で軽くはなるだろうが,果たして適当な重量だろうか.
・測量用ひもは25cmで適当だろうか.もう少し長短を検討してはどうだろうか.
・綿ひもの長さは適当か.引っ張りやすい長さを検討する必要がある.
・除草の日数間隔は適当か.検討する必要があるのではないか.もう少し除草回数を減少させられるのではないか.
・除草機を使用するために,より省力化できないか.深海用の釣竿が第一の検討対象,次は乗用もしくは歩行型田植機.

 

今年使用して改善する必要があると思われる.

 

 

| 農業技術 | 18:12 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |